料理教室~ロンバルディアのお料理 


先週から娘共々体調を崩していました。
娘は鼻水と下痢。私は鼻水と頭痛と吐き気。
旦那さんまで感染し、週末の我が家は殺伐としてました。
夜中にベッドに思いっきり娘の下痢が染み付いたときは
もうキレそうでしたが、私も旦那さんもフラフラの中なんとか処理して…
健康であることのありがたさを改めて知った数日間でした。


✳︎✳︎✳︎


さてさて、
今月のお料理教室は、娘を連れての参加でした。

娘連れだと家を出る前からワサワサ大変で
行った時間も遅くなってしまい、ただ食事をしに行っただけで終わってしまいました。

今月はイタリアのロンバルディアのお料理。
ロンバルディアのお料理
この物体が・・・
⇓⇓ こうなります ⇓⇓
ロンバルディアのお料理
ピッツォッケリというそば粉を使った手打ちパスタでした。
じゃがいもも入っていて、食べごたえがあります。

娘にそば粉をあげるのはまだ恐いと思い、
野菜類だけをあげたら少しだけ食べていました。

慎重派なのか、娘は真新しいものは不信感を持って
ほとんど食べないのが常なので、一応パンやオヤツなどを持参してよかった!

メインは豚肉のテオローニというお料理。
ロンバルディアのお料理
ナッツや生クリームが入っている初めての感じのお料理でした。
作ることろに参加できなかったのが残念ですが、とても美味しかったです!

微発砲のワイン。
ロンバルディアのお料理
喉が渇いていたのもあってなんだかすごく美味しかったワイン。

先生がササっと作ってくださったグリーンピースのスープも。
ロンバルディアのお料理

デザートはボネというコーヒープリン?みたいなのでした。
ボネ
こちらもコーヒーが入っているので、娘はNG。

デザートのあたりからずっとご機嫌だった娘が崩れてきまして、
片づけの時には床に寝っ転がって愚図っていました(-"-;

寒い日だったのですが、私だけ汗ばんでましたね。

「おとなしくていい子よ~」なんて皆さん言ってくれて、
可愛がってもらってとても助かりましたが、
やっぱりお料理教室は私一人で参加した方がお互いのためのようです。
逗子海岸
あたちは外で自由に遊ぶのがスキなのよ!






スポンサーサイト

料理教室~ショートケーキ 


3月のお料理教室はリクエスト月間で、
私達生徒のリクエストメニューを先生が応えてくれるというものでした。

こんな感じです~
お料理教室

前菜の緑はモロッコ風イカのサラダ。
お料理教室
クスクスと一緒にいただくのですが、
パクチーを使ったドレッシングがこれまた美味しくて美味しくて、
さすがでございました。

メインは鶏肉の煮込み なすのピュレ添え
お料理教室
ベシャメルソースになすのピュレが入ってるんです。
これはお家でもすぐ復習しましたが絶賛でした~

この日は赤ワイン。
料理教室
最近あまり飲んでないから、こちらで飲むワインも楽しみの一つです。

そして、今回私がリクエストさせてもらったショートケーキ。
お料理教室
娘の1歳のお誕生日に失敗してしまったので、
どうしても上手に作れるようになりたかったんです。

本当はこのレッスンでは時間が短くて教えられない内容なのに
短い時間を駆使して引き受けてくださいました!
お料理教室
先生の手を食い入るように見て、私との違いを細々と発見!

そして、お家でも早速復習を!!
料理教室
まずはメインの鶏の煮込み!
これはほーんとに美味しくて、またすぐ作ります!

旦那さんがお誕生日だったので、
早速ケーキも復習しました!

まずは肝心のスポンジ・・・
ショートケーキ
成功~~♪
先生のお手本を忠実に再現しまして、私としては満足な出来栄えに!!

次は問題のデコレーション・・・
じゃんっ!
ショートケーキ
生クリーム乗せすぎたました^^;

サイドから!
ショートケーキ
やはりデコレーションの腕がまだまだなんですが、
今までで一番上手にできました!!

カットすると家庭的なケーキになってしまいますが、
でもスポンジが上手にできたのでやっぱり美味しいです。
ショートケーキ
娘にもあげてみたところ、ちっとも食べてくれませんでした。
もともと苺の酸味がまだダメなんですよね。

自分のケーキじゃなかろうかと騒ぐビックには
苺だけおすそ分けしました♪
ショートケーキ
イクメンパパお誕生日おめでとう!!!
長生きしておくれ・・・







お料理教室~フランス南西部 


2月のお料理教室は
フランス南西部のお料理でした。
フランス南西部のお料理
ちょうどこの時、とあるテストの直前で、
出題範囲にこの地域のことも含まれていたので、
いつも以上に興味深かったです。

ガルビュールという名の豚バラの塩漬けを使ったスープ。
フランス南西部のお料理
豚バラの塩漬けを作るのに
5日くらいかかるようで手が込んでます!

ペリゴール風砂肝のサラダ。
フランス南西部のお料理
砂肝をコンフィにしてあるのですが、一口食べて「へーー」って!
焼き鳥なんかとは全然違って他の皆さんも驚いていました。

そういえば砂肝って、ビックのオヤツにするために
オーブンで焼いたものをつまみ食いするか、
焼き鳥屋で食べるくらいだったかも。
砂肝侮るなかれ。

赤ワインと一緒に♪
フランス南西部のお料理

デザートは今回2種類あって豪華です!
1つはフルーツのグラタン サバイヨン仕立て。
フランス南西部のお料理
最近バーナーを購入したので得意になっていたのに、焦がしてしまいました^^;

2つ目はバル風チーズケーキ。
バル風チーズケーキ
すっごく簡単にできたのにトロっとして美味しくて、感動です。
もっと早く教えてもらいたかったーー

この日も楽しい一日でした。
ありがとうございました。


***


お雛様を飾りました。
すごくコンパクトサイズです。
ひな人形
私が生まれたときに、親戚の雛人形職人の方が作ってくれたもので、
最近のお雛様とは違ってコロンとしています。

実家に五人囃子を置いてきているのが気がかりで、
今度持ってこようかと思っています。








お料理教室~イタリア・モリーゼ州 


今年初めてのお料理教室は、イタリアのモリーゼ州のお料理でした!

カヴァッテリ・リガティという名の生パスタ!
リガティはギザギザという意味だそうです。
カヴァッテリ
カヴァッテリは前に習って以来何度も家でやっているのですが、
いつの間にか独自路線に走っていたようで、
改めていい復習になりました。

メインはラムのポルペッティ スカルモツァ添え。
スカルモルツァは、
あのひょうたん型のカチュカバロチーズのことのようです。(たぶん)
ポルペッティ

ハンバーグのようなこちら、
分かりにくいですが網脂で巻かれています。
ポルペッティ
下のトマトソースの上には白いんげん豆のピュレもあって、
お肉も結構な量があったのでかなりのボリュームでした!

ワインはモリーゼ州のものだそうです。
ワイン

デザートはスカルペッレというじゃがいものドーナツでした。
スカルペッレ
もちもちの食感でどこか懐かしさも感じるドーナツ。
チョコレートのソースを付けていただくのですが、
私の配分が下手でこのソースが余っちゃいましてね、
家だったらなめ回すところなのですが、泣く泣く片づけました。

全ての料理にボリュームがあって、
さすがの私もこの日はお腹パンパンになりましたー!!

ごちそうさまでした。


***


1歳3か月の娘さん。
なかなかいいドリブルをします。
1歳3か月







お料理教室~クリスマスメニュー 


今年最後のお料理教室は、
12月のお約束、クリスマスのメニューでした。

前菜はエビのクリスティアンという、
エビを春巻きの皮で巻いて揚げるというお料理でした。
クリスマスメニュー
お皿の盛り付けはそれぞれご自由に、ということで、
みんなそれぞれ個性のあるお皿になっていました♪

メインがすごくて、、
パン・アン・クルートという名の、
パテをブリゼ生地で包むという豪華な一品でした!
クリスマスメニュー
作ってるそばから高度な感じにため息ものでしたが、
食べてみるとその美味しさに感動して作りたくなっちゃうんですよね。
結構時間がかかるお料理なので、
いつの日か!やってみれたらと思います。

ピノキオのラベルがかわいい赤ワイン。
クリスマスメニュー

デザートは逆転コーヒーゼリーという、
ユニークなネーミングのゼリーというよりもプリンのようなデザートでした。
クリスマスメニュー
これは簡単そうだったからぜひ作りたい!!

***

今年のクリスマスは、お友達のお家でパーティしました♪
食事はいっちょ前に私が担当させてもらっちゃいましたよ~
クリスマスメニュー
自宅でのパーティだと部屋の片づけとか面倒なので、
こういうケータリング方式はなかなか便利でいい感じです♪

今年で焼くのは6回目になるローストチキン。
2.5キロと年々巨大化している気がします。
クリスマスメニュー
先生のローストチキンのお写真を見せてもらい、
私のは芸がないなーと反省したチキンです。
焼くことに必死すぎて、見栄えというものを気にしていなかった!!
来年は付け合わせも加えることと、ハーブなんかで飾ってみようと思います!