スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビックのイボと虫歯 


こんにちはー!
ビックでーす!!
犬の歯槽膿漏
10歳を過ぎ、はしゃぐ娘に圧されながらも頑張って毎日過ごしています。

先日トリミングをした際に、
お鼻の上にあったイボが以前よりも大きくなってるのが気になる、
と言われまして、私も前々からそのイボは気になっていたので主治医に診てもらうことに。

画像はありませんが、2~3ミリの小さな白い脂肪の塊のようなイボです。
イボ自体は調べてもらうと良性でしたが、
場所が目に近く、今後更に大きくなったら切除するのが大変になる、
ということを考えて今のうちに手術して取ることにしました。

お口が相当臭かったので一緒に診てもらうと、
酷い歯槽膿漏だろうというので
こちらも手術の際に一緒に処置してもらうことに。

何度か無麻酔で歯石は取ってもらっていましたが、
もうそれでは追いつかない感じはしていたのでいい機会でした。

犬生3度目の全身麻酔。
私達も慣れたものです。

お帰り~~~
イボは1か所と思っていたのですが、顔バリをしてみたら
顔面右側にだけ集中して4個もあったということで、全て取ってもらいました。
3個は電メスで、1個は2針縫ったそうでちょっと痛々しいです。
犬の歯槽膿漏
右側にだけ集中してイボがあるのが気になると獣医さん。
可能性としては、「パピローマ」というウィルスの可能性があるということでした。
そんなに心配するようなものではないそうですが、
今回切除しなかったものもイボもあって、今後注意して見ていかないといけません。

そして、歯槽膿漏と思っていた臭ーいお口は、
犬には珍しい重度の虫歯だったそうで、3本抜歯しました。

術後は「ルゴール(人間用の喉に塗る薬)」を歯につけてあげるといい、
と言われて毎日歯磨きの時に布につけて歯に塗っています。
画像お借りしました
ルゴール
匂いに反して甘い味付けでビックも嫌がらずにつけさせてくれます。
これはもっと早く教えてもらいたかったですね!
今後もこれは使っていこうと思っています。

数日は切除した部分が腫れて痛々しかったですが、
小さい手術だったので、その週末にはいつものように元気になっていました!
17_03_03_04.jpg
ひゃっほーい♪

娘とも最近仲良し♪
子供と犬
無臭のお口になってからは、娘からビックへおやつをあげてもらって
距離がグッと縮んだようです。

娘の歯磨きも毎日苦戦しているのですが、
ビックの方のデンタルケアも頑張ります!

それにしても、シニア犬ビック!
歳と共にいろいろ出てきますね~








スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。