スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニキビダニ症 

ニキビダニ症、ご存知の方も多いと思います。

===============================================================================
ニキビダニとは・・・

犬の毛穴に巣食い、皮膚病を引き起こす体調0.2~0.3ミリほどのクモ科のダニの一種。
寄生率は100%で、全ての犬に寄生している。

(人間にも寄生率100%で、ほとんどの人に寄生しているようです。)

毛包内に寄生するニキビダニが増殖することによって、厄介な皮膚炎を起こすそうです。

詳しくはコチラで⇒皮膚にひそむニキビダニ

===============================================================================


ビックが前脚をひどく舐めていました。
顔面も痒そうで見ると目の周りも赤くなっていて皮膚炎を起こしている様子。

考えた可能性として、
蒸れから炎症を起こしたか(毎年この時期はなることが多いです)

ビックの場合『好酸球増多症』もあるので、そのせいで皮膚病を引き起こすこともあります。

しばらく様子を見ていたのですが、どうも酷くなる一方。

脚は朝も昼も夜中までずっと舐めてるみたいだし・・・
あまり眠れてないみたいで、元気もないような。

また好酸球の値が上がったかな~と思って病院へ行ったところ、
『ニキビダニ症の疑いがある』とのことでした。

お友達でもなったことのあるワンコがいて、
今の時期珍しい病気ではないそうですし、初期段階ならお薬ですぐ治るようです。

酷くなるとフィラリア予防薬の何百倍もの薬を投薬したり薬用シャンプー、薬浴など、
治療に長い月日がかかるようですが・・・

お散歩から帰ってきて洗ったらドライヤーで乾かすなど、
常日頃から清潔にしていることが大切なようです。

ビックはお散歩の後、洗面器にお湯をはってそこでジャブジャブ脚やお口を洗います。
その後拭くだけでそのままでいたのが悪かったかな・・・

とりあえず痒み止めの内服薬をいただいて1週間様子を見ることになりました。

それでも治らなければ好酸球の影響もあるかもしれません。
ニキビダニ
「また同居人が増えたかもワン」

↓↓応援ありがとうございます↓↓
良かったら1日1回応援クリックお願いします(_ _)

犬ブログ村へ

コメント欄はお休みしていますが、メッセージなどございましたら、
右のメールフォームよりお気軽に送ってくださいね♪
関連記事
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。