スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手作りエリザベスカラーの作り方 

手術から5日目。

昨夜は、またビックがうろちょろ徘徊をしていたので、
私はリビングと寝室を行ったり来たり。
ほとんどリビングのソファで夜を過ごし、また寝不足気味です。

酷かったおち○ち○の傷口の状態は、とても良くなってきていて、
今日はお散歩でエリカラをはずしても気にすることが減りました。

病院でグチュグチュになった傷口からテープを剥がす時、
ビックが今まで聞いたことのないくらいの悲鳴をあげ
大暴れしながら耐えていたのですが、
私ったらその場から逃げ出してしまいました。

先生に「こっちに来てくださーい」と言われる始末。。。
よく診察室から脱走するワンコを見かけますが、
まさか飼い主が逃げ出してくるとはね^^;

戻った時にビックが私を見つめる恨めしそうな視線といったら・・・(汗)


さてさて、前の記事で紹介しました、
ビックのより良い快適術後ライフのために
試行錯誤を繰り返して完成させたお手製エリゼベスカラー
犬,ペット, 手作りエリザベスカラー
またの名をクイーンカラー!!

不憫なビックのために、代用品を簡単に作れないだろうか?
ネットでいろいろ調べてみると、
ハンドメイドのエリカラを紹介しているサイトがいくつかあったのですが、
どれも生易しいものばかりで、執着心の強いビックには無理そう。

通販で良さそうなカラーも見つけましたが、
サイズが難しいこの手の商品をネットで買うのもちょっと・・・
(ビックの場合、通販で頼むのはもう間に合わなかったのです)

やっと良さげな物をお友達から教えてもらって、
更に改良を加えた私の中のベストですので、
みんながみんな良いというわけでは無いです。

私のような思いを抱える方の参考に、
少しでもなれたらと思い紹介させていただきます。

<神経質なワンコにオススメ!お手製エリザベスカラー(クイーンカラー)の作り方>

用意するもの
○手ぬぐいサイズぐらいの布(ビックの場合)
○プチプチ
犬,ペット, 手作りエリザベスカラー

プチプチを2種類の長さでカットする。
犬,ペット, 手作りエリザベスカラー,クイーンカラー
・長い方・・・約50cmx30cmで8枚
・短い方・・・約10cmx30cmで8枚
(長さはかなり適当)

これはビックのサイズですので、
愛犬の首の長さでサイズ調整してみてください。

長い方のプチプチ、短い方のプチプチを
それぞれ一枚ずつたたんでまとめる。↓写真は長い方のプチプチ。
犬,ペット, 手作りエリザベスカラー,クイーンカラー
あまり空気が入らないように畳んで、
一枚ずつセロハンテープで止めるとまとまりやすいです。
(あまりにも固くしてしまうと、丸くなりにくくなるので注意)

下の写真を参考に、
・上15cm(マジックテープの長さに合わせて)⇒プチプチ無し、
・真ん中50cm⇒長いプチプチ
・下10cm⇒短いプチプチ
これを布でくるんでチクチク縫っていく。
犬,ペット, 手作りエリザベスカラー,クイーンカラー
写真のようにマジックテープを付けて出来上がり♪
全長75cm、縦15~17cm、幅6cmくらい。
ちなみに、ビックの首周りは30cmです。

短い方のプチプチを作らずに、その分長い方にプラスして作ってもいいのですが、
くるんと巻いた時に、この方が自然に巻けます。
犬,ペット, 手作りエリザベスカラー,クイーンカラー
こんなに太くて大丈夫?ってくらいでなければ意味を成さないことを
身をもって体験しました。

ムチ打ちのときに使うコルセットのような感じです。
犬,ペット, 手作りエリザベスカラー,クイーンカラー
ここまでしなくても~と思われるかもしれませんが、
ビックは傷を舐めるためにすごーく頑張ってしまいます。
今は傷をいじらせないことが最優先。

着脱は簡単ですし、一見苦しそうではありますが
枕にして眠ることもできます。
犬,ペット, 手作りエリザベスカラー,クイーンカラー
病院のエリカラでは出来なかったことです。

装着したまま、普段通りにご飯も食べられますし、
ハウスだけでなくバリケンにも普通に入れています。
犬,ペット, 手作りエリザベスカラー,クイーンカラー
普通のエリカラで慣れてくれるワンコだったら、こんなの必要ないですが、
ビックのように神経質なワンコにはおすすめです。

作るのは面倒ですが、市販のものよりもわが子サイズにできますし。
エリザベスカラーのストレスを考えたら、
素晴らしい代物だと思います。

こんな大袈裟で面倒な物は作れないという方には、
くるくる巻いたプチプチを手拭いや布に包んで
愛犬の首に巻いて縛るだけ!という手もあります。
犬,ペット, 手作りエリザベスカラー
最初にお友達に教えてもらったのはこのタイプなんです。
犬,ペット, 手作りエリザベスカラー
手軽だしとてもいいのですが、
動いたり寝返りをうった時にどうしても首でくるくる回ってしまい
縛っているプチプチの無い箇所が前や横にきてしまいます。

ビックの場合はその開いた隙間から思いっきり患部を舐めてしまい、
大変な事になってしまったんです。

どんどん大袈裟なカラーに仕上がっていき、
4作目にしてこんな頑強カラーが
できあがってしまったわけなんですね^^;

患部をそんなに気にしないコでしたら、
この縛るタイプで十分かもしれませんね。

もしこれをご覧になって作ってみようと思った方は(いないかな^^;)、
試着できるよう術前に作っておいて、
少し慣れさせておくことをおすすめしますよ!

これを参考にして作りました。

★新発想のエリザベスカラー★
手術まで時間に余裕があるのでしたら、
これを買うのが一番手っ取り早そうですね^^

最後に、このエリカラはビックのために作ったものを紹介しています。
合う合わないはワンコそれぞれ・・・
飼い主さんの自己責任でお願いいたします。

愛犬に快適な術後ライフを・・・

もう二度とこんな思いはさせたくありませんので
手術は勘弁ですけどね^^;

↓↓応援ありがとうございます↓↓
にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。